ページ上部へ

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram

046-843-4123

営業時間 / 8:30〜17:30

PICKUP|
*お願い*早朝に駐車場にご来場の際は、車のドアの開閉はお静かに、 また大きな話し声はお控えくださいますようお願いいたします。
  • トップ
  • 「実践!ボートフィッシング入門 2023」ビシアジ編
  • ブログ

    2023.01.22

    「実践!ボートフィッシング入門 2023」ビシアジ編

    「実践!ボートフィッシング入門 2023」ビシアジ編

    昨年10月に開催し、大好評だった「実践!ボートフィッシング入門」。
    ボートフィッシングの達人、ダイワの小野信昭さんを講師に迎え、さっそく2023年第一弾を開催しました。
    1月15日(日)のビシアジ編には、5名のアングラーが集結。

    まずは、プロジェクターを使用した座学講習からスタート!
    小野さんの経験が活かされた、動画や写真が満載です。
    アジの特性や仕掛け、魚群探知機の見方などを学び、大漁のイメージを膨らませましょう♪

    出港前にGPSと魚群探知機の使用方法を実機で確認。



    ポイント付近まではスタッフ岩崎が操船し、猿島沖で小野さんと船長交代。
    縫うようにボートを操船し、アジの反応を探ります。
    GPSの航跡の通り、10月の講習日に比べて、かなり厳しい反応でした。

    練習も兼ね、最初は浅めの水深30m前後でアンカーを打つことに。
    ビシにイワシをふんわりと詰め、針に生の青いそめをつけます。
    (前回は赤タンを使用。小野さんの本気度が垣間見えました。笑)

    ビシ釣りの必勝条件は、全員で仕掛けを上げている時間を作らないということです。
    誰かしらがコマセを撒いて、回遊するアジを足止めしましょう。

    参加者の皆さんに釣ってもらうため、小野さんが必死でアジの棚を探します!
    真剣そのもの!!

    反応がいまいちなので、もう少し深場へ移動しましょう!ということで、アンカーを回収。
    初めて見る方もいたようです。

    向かった先は、猿島沖:水深45m前後へ。
    沈没船があり、魚の住処になっているというウワサ。

    小野さんが目星を付けたポイントに船が留まるよう、離れた場所にアンカーを下します。
    アンカーが海底に着くまでに、船が流され過ぎてしまったり、風向きが変わったり。
    海底に着いたとしても、うまく引っかからなかったり。。。
    水深の2~3倍のロープが出ていたと思われます。

    アンカー担当の小野さんと操船担当の岩崎ペアですら四苦八苦、、
    「果たして自分にできるのであろうか?」と参加者全員が思ったことでしょう。
    カメラ担当の土屋が言うのもなんですが、経験を積むのみです!

    無事、好条件が揃ったポイントに、船をアンカリングしたあとは、
    いよいよ、釣るだけです!
    それでは、皆さんの釣果をご覧ください。


     

     





    出港直後は「どうなることやら・・・」と小野さん&スタッフはヒヤヒヤでしたが、終わってみれば尺アジもまじり、この釣果。
    本命が釣れた方も、釣れなかった方も、「収穫があった!楽しかった♪」と口を揃えてくれました。

    これからもさまざまな「釣り講習」を企画していく予定ですので、興味のある方はぜひご参加ください。
    メルマガやSNSで告知しますのでお見逃しなく!!

    お問い合わせ

    046-843-4123

    営業時間 / 8:30〜17:30

    • メールでのお問い合わせ
    • YAMAHA Marine Club Sea-Style ご予約

    レンタルボートオンライン予約