ページ上部へ

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram

046-843-4123

営業時間 / 8:30〜17:30

PICKUP|
お客さま用アルコール消毒剤を受付やトイレに設置しています。ご来場の際は、アルコール消毒にご協力ください。
  • トップ
  • 浦賀近海の海域注意ポイントのご紹介 ~観音崎・猿島沖 編~
  • ブログ

    2020.12.12

    浦賀近海の海域注意ポイントのご紹介 ~観音崎・猿島沖 編~

    皆さま、こんにちは。レンタルボート課の柴田です。

    12月に入り、寒さが増してきましたが、そのぶん空気や水色が澄んで、遠くの景色まですっきりと綺麗に見えるようになってきましたね。しっかりと防寒対策を行えば、クルージングも気持ちのいい季節です😀

    この時期、浦賀近海を航行する際に特に注意していただきたいのは、こちらの《のり・わかめ養殖棚》です⬇

    たくさんのブイが、等間隔で並んでいるのが特徴です。

    10月頃から3月頃まで各地に設置されており、例年プレジャーボートが見誤って進入してしまうという事故が発生しています。

    今回、この養殖棚が特に多い「浦賀~観音崎~猿島周辺」に焦点を当て、そのほかの留意事項とあわせてご紹介します⬇

    ①浦賀~鴨居沖の のり・わかめ棚

    ②観音崎沖の岩礁

    ③大津湾の のり・わかめ棚

    ④猿島南側の暗礁

    ⑤猿島西側の暗礁と のり・わかめ棚


    ①浦賀~鴨居沖の のり・わかめ棚

    写真右に見える白い建物は、観音崎自然博物館です。浦賀から観音崎手前まで、岸近くに養殖棚が多数設置されています。


    ②観音崎沖の岩礁

    写真中央、海面に見える暗色の筋は、岩礁です。岸から10m程、沖に向かって岩礁が連なっています。波が立つとさらに見えづらいので、観音崎付近は岸に寄らないように気をつけてください🌊


    ③大津湾の のり・わかめ棚

    大津湾一帯には、のり・わかめ棚がびっしりと設置されています。付近には手漕ぎボートの姿が多く見られますが、つられて近付かないようにしてくださいね。


    ④猿島南側の暗礁

    猿島周辺に設置されている鉄杭付近は浅く、大変危険です。満潮時でも座礁の可能性があるので、猿島の南側には入らないようにしてください。


    ⑤猿島西側の暗礁と のり・わかめ棚

    のり・わかめ棚は、大津湾から猿島の南側まで広範囲に渡り設置されています。

    加えて猿島の西側は暗礁も多いため、猿島周辺を航行する際は東側と北側を通るようにしてください。満潮時にもわかるように、暗礁には鉄杭が立っています。


    【観音崎・猿島沖 編】いかがでしたでしょうか。普段慣れている海域でも、時期や季節によって、漁網の位置がかわっていたり、新しいものが設置していたりして、ガラリと景色が違って見えます。

    皆さま、いま一度安全航行を心がけ、引き続きマリンレジャーを楽しんでくださいね⛵

    お問い合わせ

    046-843-4123

    営業時間 / 8:30〜17:30

    • メールでのお問い合わせ
    • YAMAHA Marine Club Sea-Style ご予約

    レンタルボートオンライン予約