ページ上部へ

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram

046-843-4123

営業時間 / 8:30〜17:30

釣果情報

PICKUP|
*お願い*早朝に駐車場にご来場の際は、車のドアの開閉はお静かに、 また大きな話し声はお控えくださいますようお願いいたします。
  • トップ
  • 釣果情報
  • 釣果情報

    釣り情報インデックス

    サニーサイドマリーナ ウラガをご利用のお客さまからご報告いただいた釣果情報をお届けします!

    絞込

    • 魚種
    • 釣果ポイント

    シースタイルのお客様掛り根沖 笠島沖

    ✿マダイ・サワラ・アジ・ホウボウ✿

    『マダイ・サワラ・アジ・ホウボウ』

    早朝に出港したHさまチーム。
    今回は、浦賀沖から金田湾掛り根付近を広く探る作戦に♬

    浦賀沖から流され、久里浜の笠島沖に差し掛かったところで
    まずは、ゲストのジギングロッドに、
    60cm・2.8kgのナイスマダイ,゚.:。+゚

    そのままさらに南に流され、金田湾の掛り根に到達する手前で
    ジグに何かがHIT!!するも・・・
    引かず、走らず、ただ重いだけ。
    根掛かり?はたまたエイ?
    困惑しつつも、リールを巻いていくと
    水面に見えたのは、なんと《サワラ》でした!( ゚Д゚)
    想定外の魚種に、船内大盛り上がり♬

    今回は前列のお二人が活躍されたようで
    船長ともう一人のゲストさまは控えめに写真撮影ですw

    2022.09.19

    フェイス²笠島沖

    ✿ブリ?ヒラマサ?✿

    『ブリ?ヒラマサ?』

    《見分けることが難しい魚種》で
    多くの人が上位に挙げるであろう「ブリ×ヒラマサ」
    最近は「ブリヒラ」と呼ばれるハイブリッド(交配種)もいたり、
    プロでもなかなか見分けることが難しくなっています。

    フェイス²さまが釣られた青モノも・・・「ブリ?」はたまた「ヒラマサ?」
    ブリのようにも見えますが、
    「丸みを帯びた上唇の上角の形」や「スマートな体型」はヒラマサにも似ている(-_-)
    どちらでしょう!?

    最近の傾向としては、交配種が多く分布しているようなので
    初の「ハイブリッド」釣果情報かもしれません(。・ω・。)❤
    (久里浜笠島沖・タングステンジグ120g・ピンク)

    2022.07.25

    face2さま笠島沖 野比沖 金谷沖

    ✿カガミダイ・マダイ・アカムツ・クロムツ・イナダ✿

    『カガミダイ・マダイ・アカムツ・クロムツ・イナダ』

    釣り上げた【face2】チームもマリーナスタッフも、
    口を揃えて「実物を初めて見た♬」と言うカガミダイ。
    マトウダイととてもよく似ていますが、
    「長さん(いかりや長介)似の方が、カガミダイ」だそうです。笑

    今回は三か所のポイントで、五目釣りを達成☆
    笠島沖水深90m~100m⇒マダイ・クロダイ
    野比沖水深230m⇒アカムツ
    金谷沖⇒20m~100m⇒カガミダイ・イナダ
    全てジギングです。

    カガミダイは、ラインにがんじ絡めになりながら、
    海面と水平に上がってきたため、水圧でとても重く、
    「一体何が掛かったんだ?!」という状況だったそう!
    似たもの同士のマトウダイはムニエルが定番なので、
    こちらのカガミダイもムニエルにしてみるとのこと。

    ぜひ味の感想をお伺いしたいです( *´艸`)♥

    2022.06.20

    シースタイルのお客さま浦賀沖? 笠島沖

    ✿マダイ・アジ・カサゴ・タチウオ・サバ✿

    『マダイ・アジ・カサゴ・タチウオ・サバ』

    浦賀沖からあしか島沖の水深60m~70mを流し,ながら、タイラバとジギングを楽しんだNさまチーム。
    この日、N船長にはどうしても釣らせたいゲストがいました。

    ゲストもN船長の思いに応え、ジグで61cmの立派なマダイをゲット☆
    「娘のお食い初めのために頑張りました~♥」とニコニコ(*^-^*)

    船長「尾頭付きの鯛、奥さんに報告したの?」
    ゲスト「しました!本当に自分で釣ったの?!と言われました。」
    どうやら信じてもらえなかったようです。笑

    幸せオーラに包まれたNさまチームにスタッフも癒されました♬

    2022.05.13

    シースタイルのお客さま笠島沖 金谷沖

    ✿マダイ・アジ✿

    『マダイ・アジ』

    「もう、勝とうとも思わなくなってきた!」と敗北宣言?!をしたT船長。
    お相手は娘さんのMちゃん、サニーサイドマリーナウラガの釣りガールです,゚.:。+゚
    いつも移動中は眠ってリラックスしているという大物!

    今回は、T船長のお母様も参戦し、オッカブ根に向かいました。
    早朝出港キャンペーンを利用して、張り切って出港!
    オッカブ根沖の水深35mで、45cmの良型のマダイを釣り上げたのは・・・
    さすがMちゃん!初めてのマダイ!!
    おめでとうございます(^^♬
    レッド系のタイラバだったそうです。

    負けていられない船長は、お留守番のお父様からのリクエストで光りモノ狙い。
    笠島沖水深30mで、見事にアジをゲットしました!

    いつも賑やかなTさまファミリー♪
    釣果情報を盛り上げてくださり、ありがとうございます☆

    2022.05.06

    シースタイルのお客さま浦賀水道航路第一ブイ 笠島沖

    ✿マダイ・ホウボウ✿

    『マダイ・ホウボウ』

    「釣れました!!一昨日のリベンジできました~♬」と嬉しそうに報告してくれたのは、単独釣行をしたHさま。
    一昨日、サニーサイドマリーナウラガをご利用後、西伊豆の戸田で釣りをし、その足で再びサニーサイドマリーナウラガへ遊びに来てくれました(^^)

    一昨日は潮の流れが速く、タイラバで思うような釣果を得られなかったHさま。
    今回は、浦賀水道航路第一ブイの南側から笠島が見えるあたりまでを何度も往復しました。
    使用したタイラバは、ヘッドがレッドでネクタイがオレンジ。
    一昨日の釣果が嘘のように、水深50mで54cm、水深80mで45cm、水深50mで44cmと良型のマダイ3枚とホウボウ1匹を釣り上げました。
    試しにヘッドをオレンジ、ネクタイをレッドに交換したところ、アタリはこなかったそうです。笑

    お帰りの際、「これから、実家にマダイを届けてきます。」と言っていたKさま。
    ご両親も喜んでくれたことでしょう(^^♪
    3日間の釣り三昧、お疲れさまでした☆

    2022.04.28

    シースタイルのお客さま笠島沖 金田湾

    ✿マダイ✿

    『マダイ』

    現場のスタッフから「ルナのお客さま、マダイが2枚釣れています。2枚とも女性の方が釣ったそうです。」と無線で報告が!
    それを聞いた事務所では「お~良かったねぇー」と拍手があがりました(⑉>ᴗ<ノノ゙✩:+✧︎⋆

    奥さまは、毎回釣行前に「荒天になったらどうしよう??」「大きなマダイが掛かったらどうしよう?!」
    と色々考えてしまって、眠れずにいるそう。
    ここ2回は、連続で本命が釣れずに悔しい思いをしていたそうで
    今回「やっと釣れた!しかもゴーマル超えの自己新記録!!」と大喜び!
    スタッフも自分のことのように、はしゃいでしまいました( ^o^)❤

    ポイントを選んでくれた船長の旦那さま。
    52cmのマダイは笠島の南側水深70m、38cmのマダイは野比沖水深30m。
    喜ぶ奥さまを見て、旦那さまもとっても嬉しそうでした♥

    勝因を伺うと・・・
    タイラバをシンプルにしたこと!!
    スタッフ岩崎のアドバイスで、キラキラ、クルクル、シマシマの奥さまお手製のタイラバから、
    外せるものは全て外したそう。笑
    いつの日か、お気に入りのタイラバで大物をゲットできるといいですね☆彡

    2022.04.28

    シースタイルのお客様笠島沖

    ✿マダイ・メジナ・イネゴチ・ウッカリカサゴ✿

    『マダイ・メジナ・イネゴチ・ウッカリカサゴ』

    出航前に「最近は、笠島付近でマダイが釣れています( ^o^)」と
    スタッフから釣果情報を入手したKさまチーム♬
    笠島の東側と南側を中心に流し、時合いが訪れたのは帰港間際の14時過ぎ!
    迷わず、延長を決めました(❁´ω`❁)

    皆さま、タイラバを使用していましたが「磯釣りの王様」として人気高いメジナが大漁!
    タイラバでメジナって釣れるんですね…( °o°)
    もちろん、本命のマダイもおいし~いサイズをGET,゚.:。+゚

    お伝えしたポイントで釣果を上げてくださると、
    スタッフも自分のことのようにはしゃいでしまいます!

    2022.04.22

    シースタイルのお客さま笠島沖

    ✿マダイ・カサゴ✿

    『マダイ・カサゴ』

    前日からの風が予報に反して落ちなかった朝。
    船長はゲストの安全を考えて、テラスで辛抱強く待機すると決めました。

    風が収まった昼に、晴れて出港。
    香山根沖→浦賀沖→笠島の東側へと移動。
    水深70m~80mで、ゲストHさまが立て続けに3枚ものマダイをゲット!!!
    タングステン無垢のタイラバで、ワームはシマノ「炎月」イカタコカーリーのグリーンを初めて使用しました。

    「この釣果は、もしやワームの効果?!」と船長とゲストMさまも拝借することに。
    船長は、、掛かった瞬間、「キターーーッ!」と興奮して焦ってしまい、惜しくもバラしてしまいました。汗
    Mさまは、ワームにあやかって(?)見事なマダイを釣り上げました☆

    この日はホテルに泊まり、翌日は湘南サニーサイドマリーナで出港予定の船長。
    ゲストからのお裾分けのマダイを刺身にして持ち帰りました。
    贅沢な晩酌のお供になったことでしょう~(^_-)-☆

    2022.04.18

    シースタイルのお客さま笠島沖

    ✿マダイ・ホウボウ✿

    『マダイ・ホウボウ』

    早朝出港する前日は、横須賀に前乗りするKさま夫妻。
    奥さまは、楽しみ過ぎて眠れず、寝不足気味。。。
    タイラバの針だけ取られていることに、しばらく気付かなかったそうです。

    なかなかアタリがないので、タイラバのヘッドのカラーを変更してみることに。
    オレンジからゴールドへ変更した途端にアタリが増えました。

    前回、初めてマダイを釣った奥さまは・・・ホウボウゲット♬
    「今回も!!という気持ちが、マダイに伝わっちゃたかなぁ?」と反省。(*^-^*)
    代わりに旦那さまが、笠島沖水深70mで、58cmのマダイを釣り上げてくれました☆

    最近、魚包丁を揃えたKさま夫妻の夕食は、刺身とカマ煮だそうです(*^-^*)

    2022.03.28

    魚種

    ライブカメラ

    ライブカメラ

    写真と動画で解りやすく解説!
    「太一料理長魚のさばき方・おろし方教室」はこちら

    シースタイルのご案内

    2018 YAMAHA SeaStyle  『利用実績部門最優秀賞・優秀賞』 5年連続受賞しました!!

    湘南サニーサイドマリーナ(本社)&
    サニーサイドマリーナ ウラガ

    2020 YAMAHA SeaStyle
    『利用実績部門最優秀賞・
    優秀賞』
    6年連続
    受賞しました!! 矢印

    6年連続 YAMAHA SeaStyle
『利用実績部門最優秀賞・優秀賞』

    お問い合わせ

    046-843-4123

    営業時間 / 8:30〜17:30

    • メールでのお問い合わせ
    • YAMAHA Marine Club Sea-Style ご予約

    レンタルボートオンライン予約