ページ上部へ

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram

046-843-4123

営業時間 / 8:30〜17:30

釣果情報

PICKUP|
*お願い*早朝に駐車場にご来場の際は、車のドアの開閉はお静かに、 また大きな話し声はお控えくださいますようお願いいたします。
  • トップ
  • 釣果情報
  • 釣果情報

    釣り情報インデックス

    サニーサイドマリーナ ウラガをご利用のお客さまからご報告いただいた釣果情報をお届けします!

    絞込

    • 魚種
    • 釣果ポイント

    シースタイルのお客さま第二海堡周辺 観音崎沖

    ✿ブリ・ワラサ・ヒラメ✿

    『ブリ・ワラサ・ヒラメ』

    ジギングが得意のI船長( ^o^)
    まずは《観音埼沖:大根》からスタート,゚.:。+゚
    すると、100gのジグを使用していた中央のゲストが2~3投目で良いアタリ!
    ボトムから4巻きほどして掛かったのは【81cmのブリ】でした(^v^)
    重量を計測したところ【5kg】ずっしり身がつまっていましたよ~。

    ほどなくして、左のゲストにも青モノらしきアタリが!
    上がってきたのは【70cm・3kg】のワラサ。
    こちらのゲスト《初のワラサ》の釣果だったようです(。・u・。)❤
    おめでとうございます,゚.:。+゚

    いまだ釣果がなかったI船長は「このままでは終われない!」と第二海堡に移動➜
    浅場で釣れたのは、青モノではなく、43cmのヒラメでした!
    「大きさでは劣るけど、味では勝るかも★」
    とにもかくにも、3名全員安打でほっとひと安心のI船長でした。


    2022.11.04

    NAGATOさま金谷沖

    ✿イナダ・ヒラメ・マダイ・アカハタ✿

    『イナダ・ヒラメ・マダイ・アカハタ』

    いつも ヒマワリのような笑顔 で釣果写真に応じてくださるNAGATOさま❤
    今回も、ジギングで素晴らしい釣果を披露してくださいました。

    《城ヶ島沖⇒洲崎沖⇒金谷沖⇒浦賀沖》をぐるっと一周!
    アカハタは城ヶ島沖、
    イナダ、マダイ、ヒラメは 金谷沖:水深20mの浅場で釣れたそうです( ^o^)

    ここ最近、浦賀近海を中心に、ナブラの目撃情報多数!
    昨日は大貫沖水深20m付近でも、トップでワラサが2本上がっています。

    《夏の青モノシーズン》が盛りあがってきました!

    2022.07.11

    シースタイルIさま

    ✿ヒラメ・アジ・カサゴ✿

    『ヒラメ・アジ・カサゴ』

    「朝まづめ効果を改めて実感しました!」

    久しぶりに 早朝出港したIさまチーム。今日の本命は アジ。
    《久里浜沖水深30m》でビシアジ釣りをスタート!

    序盤から順調にアジや、良型ヒラメのHITがあり、
    ひとしきり引きを堪能したところで、観音崎方面へ!

    しかし、ここではいまいちの反応に…(T_T)
    それならば!ともう一度、久里浜沖へ戻っても、時すでに遅し …

    結果、釣果のほとんどは、早朝でのHIT。
    「次も早朝出港がしたい!」と話す船長でした(。・ω・。)

    2022.07.11

    シースタイルのお客さまマリーナ前 大貫沖

    ✿マダイ・アジ・タチウオ・マゴチ・ホウボウ・ヒラメ✿

    『マダイ・アジ・タチウオ・マゴチ・ホウボウ・ヒラメ』

    「シブかった。。。」という話がめったにないK兄弟チーム。
    「シブかった日は、こっそり帰っているからですよ。」とご謙遜を(*'▽')

    この日「まずはお土産に」と、マリーナ沖で40cmのメガアジを調達♥
    干物にすると絶品とのこと*:.。. ° ✧
    お土産は確保できたので、その後の時間ものんびり楽しむことができたそう♬

    大貫沖でタチウオ・マダイ・マゴチをGET☆彡
    マダイは水深20mで45gのタイラバ、カラーはグリーンとオレンジ。
    マゴチは水深10m以下で釣れました!

    釣果でいっぱいのクーラーボックス!
    フタをするのに一苦労でした。笑

    2022.07.07

    フロントラインさま木更津沖

    ✿シーバス・マゴチ・ヒラメ✿

    『シーバス・マゴチ・ヒラメ』


    フロントラインさま、
    本日はシーバス&フラットフィッシュ狙って、早朝木更津沖へ。
    マゴチ、ヒラメはワーム、バイブレーション。
    シーバスは、ビッグベイトでGET!

    リリース多数だったので、
    実際の釣果は倍ほどあったとのこと,゚.:。+゚
    これだけの魚をなんと2人だけで釣り上げています…
    さすがの一言です。

    2022.06.23

    シースタイルのお客様久里浜 浦賀水道航路入口

    ✿ヒラメ・マダイ・ホウボウ✿

    『ヒラメ・マダイ・ホウボウ』

    5/1(日)「初めて」ボートフィッシングに挑戦するというゲストを連れて出港したSさま。
    6/30まで開催の「早朝出港お試しキャンペーン」を利用し、
    自身も「初めて」の早朝出港を体験,゚.:。+゚

    なんと、タイラバのタの字も知らなかったビギナーのゲストが
    久里浜笠島 のすぐそば、水深30mで 50cmのマダイをGET ★
    魚探反応が乏しかったため、ポイント移動をしようとしたところ……
    「船長!何かかかりました!」
    上がってきたのが、こちらのマダイだったそう。

    そして、57cmの立派なヒラメは、航路第一緑ブイの南側水深40mで。
    やっぱりこちらも船長が「魚探反応がないから移動するぞ~」
    と言った直後のHIT!

    船長は「見切りをつけたあとに釣るんだもん。こっちの立場がないよ。笑」
    と、なんとも言えない表情でした。笑

    2022.05.05

    シースタイルのお客さま野比沖

    ✿マダイ・ヒラメ・ホウボウ・カサゴ✿

    『マダイ・ヒラメ・ホウボウ・カサゴ』

    この日、野比沖水深30mで、ナナマルのマダイが上がりましたー!!

    釣り上げたのは、「タイラバは眠くなるから苦手」というゲスト。
    普段はシーバス釣りなどを楽しんでいます。
    マダイを釣ったことがなかったので、アタリは❝叩く感じ❞と言われても意味が分からず。
    あのビョンビョンしていたのは、水の抵抗?と思った」そうです。

    ヘッドは紫色、スカートが黄色のタイラバで、73cmのマダイをゲット☆
    帰港後の計測では、3cm縮んでしまっていましたが(;^_^A
    少しはタイラバに興味を持ってくれたでしょうか?!

    2022.04.04

    シースタイルのお客さま剣崎沖 香山根

    ✿ヒラメ・カサゴ✿

    『ヒラメ・カサゴ』

    マダイ狙いで出港したYさまチーム。
    思うように、タイラバにアタリがきません(๑′-﹏-๑)

    そこで、思い切ってジギングへ変更!
    さっそく、香山根沖水深30mで、41cmのヒラメがヒット☆
    初めは力強い引きでしたが、後半は大人しく、タモ入れは楽だったとのこと。

    何だか釣れる予感がして、そのまま南下。
    狙い通り、剣崎沖水深50mでも、47cmのヒラメをゲットしました♬
    先ほどとは逆に、初めは大人しく、海面に近づくにつれて暴れる、諦めの悪いヒラメだったそうです(笑)

    ヒラメに気を取られて、カサゴの釣果情報を聞くのを聞き忘れたスタッフ…汗

    2022.03.24

    シースタイルのお客さま

    ✿ヒラメ✿

    『ヒラメ』

    千葉の浮島を目指して出港したTさま御一行。
    本命はアマダイ(^O^)
    「どのように調理しても美味しいから!」とのこと。

    このアマダイ、実はタイの仲間ではないのをご存じですか?
    スズキ目キツネアマダイ科に分類され、タイ科に属さないものの「○○タイ」と名前が付いている、あやかり鯛のひとつです。

    50cm前後のアマダイを、沖アミで狙っていたのですが、午前中はまったく釣れず・・・
    午後になって、やっとヒットした時は「コレを釣らないと帰れない!!」と思いながら、懸命に巻き上げたそうです。

    ようやく姿を現したのは、54cmのヒラメでした~
    アマダイではありませんでしたが、こちらも、さぞかし美味しかったことでしょう( *´艸`)
    次回は本命に出会えるといいですね♡

    2021.09.27

    シースタイルのお客様

    ✿ヒラメ・ホウボウ・カサゴ・エソ✿

    『ヒラメ・ホウボウ・カサゴ・エソ』

    いつも賑やかなKさまファミリーですが、本日、妹Rちゃんはお留守番。
    ということで、父と息子、男同士の一騎打ちとなりました。
    ポイントは香山根沖15~20m。
    タイラバで、いざ勝負!!

    ただいま開催中の《ウラガ杯2021秋のマダイの部》にエントリーしたい息子Kくん。
    (ウラガ杯に興味を持っていただき、ありがとうございます<m(_ _)m>)
    ヒットするたびに、「マダイだーーー!!」と叫びながら巻き上げていたそうです。

    さてさて、軍配はどちらに…???

    父→ホウボウ×2
    息子→ヒラメ・ホウボウ・カサゴ・エソ

    父、惨敗。。。
    それでも、何だか嬉しそうですね☆
    次回は妹Rちゃんも一緒にマダイを釣り上げて、ぜひまた写真を撮りましょう(^^♪


    9/1~10/31「ウラガ杯2021 秋のマダイの部」
    大会詳細はこちらから→
    https://www.ssm-uraga.jp/information/uragacup_autum_madai

    2021.09.12

    魚種

    ライブカメラ

    ライブカメラ

    写真と動画で解りやすく解説!
    「太一料理長魚のさばき方・おろし方教室」はこちら

    シースタイルのご案内

    2018 YAMAHA SeaStyle  『利用実績部門最優秀賞・優秀賞』 5年連続受賞しました!!

    湘南サニーサイドマリーナ(本社)&
    サニーサイドマリーナ ウラガ

    2020 YAMAHA SeaStyle
    『利用実績部門最優秀賞・
    優秀賞』
    6年連続
    受賞しました!! 矢印

    6年連続 YAMAHA SeaStyle
『利用実績部門最優秀賞・優秀賞』

    お問い合わせ

    046-843-4123

    営業時間 / 8:30〜17:30

    • メールでのお問い合わせ
    • YAMAHA Marine Club Sea-Style ご予約

    レンタルボートオンライン予約