ページ上部へ

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram

046-843-4123

営業時間 / 8:30〜17:30

釣果情報

PICKUP|
*お願い*早朝に駐車場にご来場の際は、車のドアの開閉はお静かに、 また大きな話し声はお控えくださいますようお願いいたします。
  • トップ
  • 釣果情報
  • 釣果情報

    釣り情報インデックス

    サニーサイドマリーナ ウラガをご利用のお客さまからご報告いただいた釣果情報をお届けします!

    絞込

    • 魚種
    • 釣果ポイント

    シースタイルのお客さま久里浜

    ✿イズカサゴ・フサカサゴ・アヤメカサゴ・ウッカリカサゴ・カサゴ✿

    『イズカサゴ・フサカサゴ・アヤメカサゴ・ウッカリカサゴ・カサゴ』

    鮮やかな赤一色の釣果を見せてくれたのは、
    S船長率いる【オニ退治】チーム!
    (DAIWAフィールドテスターの小野さんの姿も!(゚ロ゚))

    今回は、オニカサゴの新規ポイント開拓が目的とのこと。
    手巻きでも狙える浅場のポイントなら尚良し(^ ^)
    一行が向かったのは、久里浜沖でした。

    午前中は北風に悩まされるも、
    お昼頃には待望の本命オニカサゴが登場し、
    最後には全員安打を達成!
    ほかに浮気せずの本命一本勝負だったので、
    坊主も覚悟していたそうですが、終わってみればご覧の釣果♪
    皆さまの笑顔が眩しいです,゚.:。+゚

    2022.11.20

    ル・ボナーさま金谷沖

    ✿アジ・イナダ・カワハギ・カサゴ✿

    『アジ』

    早朝6:00に出港したチーム【ル・ボナー】
    金アジ狙いで、金谷沖へ向かいました。
    水深15mでコマセと赤タンのエサ釣りです。

    帰港後はお馴染み《ル・ボナー盛り》
    船長自ら並べてくれました♬
    「珍しいだろう?ダメ出しされたりして・・・」
    いつもクルーに任せしているので、少々自信なさげ?笑
    そう言いつつも、魚に氷で角度をつけ、見やすくするなど手が込んでいました。

    集合写真は❝動物園❞?!
    船長がクルーのイメージに合ったTシャツをプレゼントしたそうですよ°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

    2022.10.08

    シースタイルのお客さま久里浜沖 野比沖 香山根

    ✿マダイ・ヒラソウダ・アジ・ホウボウ・カサゴ✿

    『マダイ・ヒラソウダ・アジ・ホウボウ・カサゴ』

    やや風が吹いていたこの日は、遠出はせず香山根沖~久里浜沖を流すことに。
    2回流す間に、アジとホウボウが釣れました。
    ホウボウの中でも一番小さいホウボウは、B船長が【偽】ビンビンスイッチで釣ったもの。
    ゲストのNさまが以前に自作し、なかなか実を結ばないので、船長に託したのでした。笑

    当のNさまは、ジグでヒラソウダをゲット!
    水面に上がってきた銀色の正体がサバではないと気づき、
    慌てて「タモ!タモ!!」と叫んでしまったそうです( *´艸`)

    もう一人のゲストNさまもジグで、野比沖:水深20mで46cmのマダイを釣り上げました☆
    赤系の鮮やかな釣果になりましたね♬

    2022.10.04

    シースタイルのお客様久里浜沖 野比沖

    ✿マダイ・カイワリ・アジ・キジハタ・ホウボウ・カサゴ✿

    『マダイ・カイワリ・アジ・キジハタ・ホウボウ・カサゴ』

    いつも頼りになるK船長!
    北風強風コンディションのなか、変わらず実力発揮です。
    ロクマル超えを筆頭に、マダイが7枚,゚.:。+゚
    尺超えアジとBIGキジハタの釣果も際立っていました*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。
    海が良ければもっと釣れていたことでしょう!

    ポイントはアシカ島~野比沖にかけて、水深20~30m前後。
    一日同じポイントを繰り返し流していたそうですよ~

    2022.09.16

    シースタイルのお客さま久里浜沖 香山根

    ✿マダイ・ワラサ・マハタ・ホウボウ・カサゴ✿

    『マダイ・ワラサ・マハタ・ホウボウ・カサゴ』

    【早朝出港おためしキャンペーン】をご利用のMさまペア。
    帰港後、魚でいっぱいになったタモを、重そうに持って桟橋を歩いていました♬

    朝一で向かったのは久里浜沖。
    水深25m~30mで、マダイ・ワラサ×2・マハタ・ホウボウ×2・カサゴをゲットしました☆
    「反応を見ながらタイラバとジグを使い分けた!」とのこと。
    マダイを釣り上げたタイラバは、オレンジゴールドの45g。
    TGベイトはミドキン60gだったそうです。

    9:00以降、香山根付近へ移動し、ワラサをもう1本追加°˖◝(⁰▿⁰)◜˖°
    その後、もう一度、久里浜沖に戻りましたが音沙汰なかったそう。。。

    バラシも多数あり、収穫の多い釣行となったそう。
    早朝出港の虜になってしまった船長でした!笑

    2022.08.27

    シースタイルのお客さま大津湾沖

    ✿アジ・カサゴ✿

    『アジ・カサゴ』

    南風がやや吹く予報だったので、Hさまファミリーは、風裏になる大津沖でコマセ釣り。
    帰港後、40cm前後のアジ13匹と袋の中の数匹カサゴを並べてくれました。

    この日の釣果のほとんどは、12歳と10歳のお子さまが釣ったとのことです。
    ポイントを訊ねたところ、「大津沖:水深28.5m!」
    水深を小数点単位で教えてくれた息子さん。
    お父さまと共に、走水沖には詳しいそう \(◎o◎)/!
    娘さんとお母さまは、少しお疲れ気味でした~

    2022.08.20

    Area51さま久里浜沖

    ✿マダイ・カサゴ✿

    『マダイ・カサゴ』

    朝8時頃に出港したArea51さま。
    タチウオ狙いで走水沖へ向かうと、タチウオ船団がいつもより猿島寄りにいました。
    H船長も船団と適度な距離を保ちながら、猿島付近でジグとテンヤを。

    しかし、この日は、どうもタチウオと相性が良くないようなので、
    先日、80cmのサワラを釣り上げたあしか島付近へポイント移動。
    しかし、ここでも、反応はいまいち・・・

    そこで、マダイ狙いに変更し、久里浜沖水深30mでタイラバを。
    下げ潮の時間帯は音沙汰ありませんでしたが、
    上げ潮になってから、マダイとカサゴをゲットしました☆
    使用したタイラバは、グリーンゴールド130g。

    ゲストの方々に注目されて、ちょっぴり恥ずかしそうでしたが、
    素敵な笑顔で撮影に応じてくださいました(^○^),゚.:。+゚

    2022.08.18

    シースタイルのお客様野比沖 金田湾

    ✿アカムツ・ユメカサゴ・ドンコ・アジ・カサゴ✿

    『アカムツ・ユメカサゴ・ドンコ・アジ・カサゴ』

    サニーサイドマリーナウラガからは、何度も出港経験のあるYさま♬
    ただ、今回は初めての単独出港!
    不安も大きかったと思いますが、
    存分に一人釣行を楽しむことができたようです(。・v・。)❤

    中深場にアタリが多く、本命のアカムツまじえ、見事五目達成,゚.:。+゚
    「一人だと誰にも釣果を撮影してもらえない!w」と
    帰港時に、スタッフがたくさん撮影させていただきました( ^o^)

    魚たちが、まるで手乗りインコのよう!笑
    可愛らしいです。

    2022.08.09

    シースタイルのお客さま野比沖 金谷沖

    ✿マダイ・ホウボウ・カサゴ✿

    『マダイ・ホウボウ・カサゴ』

    「初めてマダイを釣ったそうですよ~!釣果写真お願いしまーす!」
    と現場から無線で報告がありました(^O^)
    カメラを持って桟橋へ向かうと「もしかして、ホームページに載っちゃうやつですか?!」と眩しい笑顔の男性が☆

    この日のIさまチームは、まず金谷沖のオッカブ根付近へ。
    水深20mで、次々とホウボウが釣れました。
    船長「ビンビンスイッチで釣れたと書いておいてくださいね!」
    ビンビンスイッチ×4・タイラバ×2・ジグ×1という釣果だったそうですよ♬

    そして、午後は野比沖へ。
    こちらも、水深は20m。
    タイラバにマダイが掛かった時、「ロッドはキーパーにあった。」という周囲と、
    「いや、ちゃんと巻き巻きしていた!!」というご本人の証言が食い違ってはおりましたが・・・笑
    今までは、ハタばかり掛かっていたオレンジのタイラバに、
    45cmのマダイが掛かったことは、間違いありません♬

    初マダイ、おめでとうございます(⑉>ᴗ<ノノ゙✩:+✧︎⋆

    2022.07.20

    シースタイルのお客さま金谷沖

    ✿カスザメ・オオモンハタ・マゴチ・ホウボウ・カサゴ・シイラ✿

    『カスザメ・オオモンハタ・マゴチ・ホウボウ・カサゴ・シイラ』

    「サメが釣れています!!」とヤードからの無線で、
    釣果写真を撮りに走ったスタッフ。
    想像していたサメとは違い、エイのような見た目…(´▽`)汗
    正体は【カスザメ】、英名は『Japanese angelshark』というそう。

    裏に返すと、翼がある真っ白な天使のような姿から、『天使の鮫』と呼ばれるそうですよ~
    Iさまチームイチ押しの魚!どのように調理したのか気になります!

    ポイントは《オッカブ根付近:水深20~30m》
    タイラバで釣れたのは、カスザメ・オオモンハタ・マゴチ・ホウボウ・カサゴ。
    ジグでは、可愛らしいミニシイラをゲット,゚.:。+゚

    凪で快適に釣りができ、種類豊富な釣果に大満足のIさまチームでした♬

    2022.07.14

    魚種

    ライブカメラ

    ライブカメラ

    写真と動画で解りやすく解説!
    「太一料理長魚のさばき方・おろし方教室」はこちら

    シースタイルのご案内

    2018 YAMAHA SeaStyle  『利用実績部門最優秀賞・優秀賞』 5年連続受賞しました!!

    湘南サニーサイドマリーナ(本社)&
    サニーサイドマリーナ ウラガ

    2020 YAMAHA SeaStyle
    『利用実績部門最優秀賞・
    優秀賞』
    6年連続
    受賞しました!! 矢印

    6年連続 YAMAHA SeaStyle
『利用実績部門最優秀賞・優秀賞』

    お問い合わせ

    046-843-4123

    営業時間 / 8:30〜17:30

    • メールでのお問い合わせ
    • YAMAHA Marine Club Sea-Style ご予約

    レンタルボートオンライン予約