ページ上部へ

  • Facebook
  • Twitter
  • instagram

046-843-4123

営業時間 / 8:30〜17:30

PICKUP|
お客さま用アルコール消毒剤を受付やトイレに設置しています。ご来場の際は、アルコール消毒にご協力ください。

 

 

 

 鯵の三枚おろし 

▶ 魚のさばき方・おろし方の基本である「三枚おろし」の動画はこちらから

 

 

 

 

 

①ウロコを取る

 

 

ウロコ落としを使い、ウロコをばら引きします。

 

 

 

②ゼイゴをはずす

 

 

包丁を尾のほうから水平に入れてゼイゴを薄くそぎ取ります。

※ゼイゴは尾の近くにあるアジ特有のウロコのこと。

 

 

 

③頭を落とす

 

 

 

尾を右にして、肛門から包丁を入れ、腹に切り込みを入れます。

次に、両面の胸びれの下に切り込みを入れ、頭を落とします。

 

 

 

④内臓を出して洗う

 

 

 

 

内臓(腹ワタ)を取り、血合いを指でかき出します。

※奥の取りにくい箇所は串を使用すると取りやすい。

中を水洗いしたら水気を拭きます。

※まな板や魚がぬれていると、水っぽさや生臭みの原因になるため、キッチンペーパーなどで水気はしっかり拭き取る。

 

 

 

⑤包丁を中骨に沿って入れ、身を切り離す

 

 

 

 

 

背、腹の順に包丁を水平に入れ、包丁の先が中骨に当たっているのを感じながら身を切り離します。

 

 

 

 二枚おろし 

 

 

 

 

⑥もう一方の中骨がついた側も同様に身を切り離す

 

 

 

骨の面を下にして、腹、背の順に包丁を水平に入れる。

尾に切り込みを入れたら、背にも包丁を水平に入れ、身を切り離します。

 

 

 

 三枚おろし 

 

 

 

 

⑦身に残った腹骨を取る

 

 

 

身に残った腹骨は、骨の下に包丁をすべりこませるようにしてそぎ取ります。

 

 

 

⑧皮を手でむく(刺身などにする場合)

 

 

 

身を押さえ、頭のほうから皮を引っ張ります。

 

 

 

⑨血合い骨を切り取る(刺身などにする場合)

 

 

 

 

-料理例-

 刺身